fbpx アゴ | Knipex メインコンテンツに移動
Loading YT Video
Knipex
Quality — Made in Germany

アゴ

アゴは掴み、切断または両方を目的に設計され、 その形状は用途によって異なります。

グリッププライヤー

アゴの形状は平口、半丸口、丸口で区別されます。また中にはロングリーチニードルノーズプライヤーや電子アッセンブリープライヤー、メカニックプライヤーなど、例外的な用途向けの特殊な形状もあります。作業スペースや用途(掴み、保持、曲げ作業)によってお選びいただけます。

平口プライヤー
半丸口プライヤー
丸口プライヤー

掴み面

アゴの掴み面は、対象の素材やプライヤーの使用目的に応じて、フラット、鋸歯状、格子状からお選びいただけます。

フラット
鋸歯状
格子状

切断プライヤー

切断プライヤーは、刃の角度と形状によって区別されます。刃は切断対象へアクセスする角度に応じて、ハンドルに対して垂直、斜め、または平行に作られます。

垂直刃

ワイヤーなどをエンドカッティングニッパーで切る際は、常に正面からの切断が合理的です。ワイヤーを表面ギリギリで切断する必要がある場合も同様です。(サイドカッターを使用すると、ハンドルを握る指が邪魔になります。)

 

例としてエンドカッティングニッパー、ヤットコ、喰切、ボルトエンドカッティングニッパーなどがあります。

斜め刃

斜めのカッターは、切断される材料に正面からも側面からもアクセスできない場所で使用されます。
フロント、サイド、センターカッターと比較して、斜めカッターはおそらく最も使用頻度が低いです。

 

 

平行刃 - サイドカッター

サイドカッターは最も一般的な切断プライヤーで、さまざまな長さであらゆる素材の切断に対応しています。

 

例としてサイドカッター、ペンチ、ラジオペンチ、ダックビルプライヤー、エレクトロプライヤーなどがあります。

平行刃 - センターカッター

センターカッターは理想的な刃の角度で高い安定性を提供します。またワイヤーから刃への抵抗が比較的小さいので、作業負担が軽減されます。

刃の形状

さまざまな刃の形状により、幅広い素材を簡単に切断できます。

ベベルをつけたバイトカット

最も一般的な形状は、外側にベベルをつけたバイトカットです。刃の両側に面取りされているため、刃への負荷が軽減されます。

 

 

ベベルなしのバイトカット

ベベルなしのバイトカットによる切断は、銅やプラスチックなどの柔らかい材料にのみ適しています。一方でフラッシュカットも可能になります。

ナイフ・アンビルカット

正確に製造されたナイフ・アンビルカットは、ロープやコードなどの繊維束に適しています。ワイヤーを切断する時には握力が増幅されます。

シアーカット

シアーカットは、ケーブル・ワイヤーロープカッター、万能シアー、鉄板カッターに採用されており、切断抵抗を最低限に抑えます。